よくある質問

住所(氏名)変更登記のご相談なら京急川崎徒歩3分の司法書士法人吉岡事務所へ

住所(氏名)変更登記についてのQ&A

Q1 以前住んでいた住所で不動産を取得し、その後で今の家に引っ越しをしました。住所変更登記は必要ですか?
A1 不動産を取得した際には、取得した方の住所と氏名が登記簿に記入されます。 そしてこの住所と氏名は本人からの申し出がないと、変更点があっても勝手には直してくれません。そのため、住所変更(又は氏名変更)の登記が必要となります。
Q2 特に引っ越し等はしていませんが、住居表示の実施がされて住民票の住所が変わりました。この場合も住所変更登記は必要ですか?
A2 はい。たとえ役所の都合で住所が変更になっても、お客様の住所が自動的に変わる事はありません。必ず登記の申請が必要となります。なお、この場合は登記申請にかかる免許税は非課税となります。
Q3 住所変更の登記をする際に必要な書類は何ですか?
A3 基本的には登記簿に載っている住所と現在の住所を公的な書類(住民票等)で繋げる必要があります。つまり住所変更の変遷が全て確認できる事が必要となります。通常は現在の住民票に前の住所が載っていることが多いのですが、住民票のコンピュータ化等によって取得ができない場合もあります。その際は別途通常の生活では馴染みの無い書類を取得する必要もありますので、是非当事務所にご相談下さい。
Q4 住所(氏名)変更登記をするにあたって、国に納める手数料(税金)はいくらですか?
A4 登録免許税という税金を納めますが、不動産一つにつき1,000円です。
Q5 住所(氏名)変更の登記には期限ややらないと罰則が来たり困るケースはありますか?
A5 期限はありません。やらない事に対して罰則もありません。
ただし、時間が経つと必要書類を集めるのに余計な労力と手間がかかってしまいます。また、A3に記載しましたとおり取得できない書類が出てくる恐れもあり、その場合は権利証等をお預かりするケースも発生します。そのような余計な手間が発生する前に住所(氏名)変更登記を行っておくのが良いでしょう。
Q6 亡くなった父が所有していた不動産の登記簿に載っている父の住所が古い住所でした。この場合は住所変更の登記をした上で相続の登記をするのでしょうか?
A6 このケースの場合はお父様の住所変更の登記は必要ありませんが、相続登記を申請するにあたって登記簿の住所と最期の住所を繋げる必要があるのは通常の住所変更登記と同じです。ご用意頂く書類がより複雑になる可能性もありますので、是非当事務所までご相談下さい。
Q7 元々住んでいた住所(登記簿に記載された住所)から一端別の場所に引っ越しして、また元の住所へ戻ってきました。この場合でも住所変更の登記は必要ですか?
A7 この場合は住所変更の登記は必要ありません。
Q8 結婚を機に姓が変わりました。そしてそれと前後して引っ越しもして住所も変わりました。
この場合は2回登記をするのでしょうか?
A8 この場合は氏名変更の登記と住所変更の登記を一括で申請できます。そしてこの場合ですと登録免許税(法務局へ納める税金)が1回分の申請のみで済むので、費用の節約になります。
Q9 色々気になって登記簿を調べたところ、住所(又は名前)の誤記が見つかりました。
これは直してもらえるのでしょうか。
A9 はい、直す事はできます。ただしこの場合は登録免許税が不動産一つにつき1,000円かかります。また、法務局へ提出する書類に普段見慣れない書類を取得する必要があります。これらの取得サポートも行っておりますので、是非ご相談下さい。
Q10 夫婦で不動産を共有しておりますが、同じ日付けで同時に住所移転をしました。この場合は夫婦それぞれに税金(登録免許税)がかかるのでしょうか?
A10 この場合ですと、夫婦の住所変更は一つの申請で一括してできますので、登録免許税は不動産一つにつき1,000円となります。
Q11 父と共有の不動産があります。父はA市へ私はB市へと引っ越しをしました。この場合は住所変更登記はどのようになるのでしょうか。
A11 この場合ですと、お父様と別々の登記申請となります。そのためお父様のA市へ住所変更した旨の登記申請と、ご相談者様のB市へ住所変更した旨の登記申請の2つの申請が必要となり、登録免許税は不動産一つにつき1,000円×2申請=2,000円となります。
Q12 住所(氏名)変更登記は自分でやる事はできるのでしょうか?
A12 可能です。書類作成の手間と法務局や市区町村役所へ平日の日中に数度行く必要がありますが、時間に余裕のある方はチャレンジしてみるのもいいかと思います。
Q13 司法書士に住所(氏名)変更登記を頼んだ場合、いくらくらいかかりますか?
A13 法律などで定められた司法書士の報酬規定は現在ではありません。よって、各司法書士により報酬額の設定に差がありますので、お問い合わせ下さい。
Q14 この度住宅ローンを完済する予定ですが、抵当権設定登記をした後に住所を移転しました。この場合は住所変更登記もしないといけないのでしょうか?また、結婚により苗字が変わった場合はどうでしょうか?
A14 実際には住んでいない旧住所名義で登記申請するのは問題があります。住所変更の登記は必要であるものとお考え下さい。また、氏名変更があった場合も同様に登記が必要となります。
Q15 依頼をしてどのくらいの日数で住所(氏名)変更登記が完了しますか?
A15 登記自体は必要書類が全て揃えば、法務局の混み具合にもよりますが、申請後約1~2週間程度とお考え下さい。ただ、役所等に追加で書類を取り寄せる必要がある場合は更に1~2週間程かかります。
Q16 私は在日韓国人で、不動産を取得した時に所有者名を通名で登記をしました。この度本名に表示を変えたいのですが、このような登記はできますか?
A16 はい、このような登記も申請可能ですが、通常の登記より若干費用とお時間がかかります。詳しくはお問い合わせ下さい。
Q17 私は以前単身赴任で海外に居住している時に不動産を相続して、海外の住所で登記をしました。現在は日本国内に戻り、その不動産を売却することになりました。この場合はどうすればいいのでしょうか?
A17 この場合も住所変更の登記は必要になります。必要書類、費用、登記完了までのお時間についてはご状況により変わりますので、是非お問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
スマホでのお問い合わせはこちらからどうぞ